最近のチューリップは、色、形さまざまな品種が開発されていますね。
公園内では、なんと200品種ものチューリップをご覧いただけます。
スタンダードな一重咲き、チューリップとは思えないような八重咲き、
花弁(など)がとがったユリ咲き、先端が縮れたようなフリンジ咲き。
そしてさらに2色が混ざり合った花弁やグラデーションの花弁など、色も形もお楽しみいただけます。

ところで、チューリップの花びらって、何枚かご存知ですか。
(八重咲きは除きます)

110506tulip03

実は、3枚です。
写真を見ると、どう見ても6枚に見えますよね。
でも、植物学上では、内側の3枚が花びらで、外側の3枚は愕(がく)なんだそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック