花が少なくなる夏ですが、現在、越後丘陵公園の「太陽の丘」で20,000株のジニア見頃となっています。
 本公園では、このような特長のあるジニアから、暑い夏を乗り切る“元気”を感じていただこうと、昨年初めて植えました。
 今年で2回目となります。

jinia
 ジニアは開花期間が長く、夏の日差しに負けない力強い花姿と、鮮やかでカラフルな花色が特徴です。
 和名を「ヒャクニチソウ(百日草)」と呼びますが、1つの花が100日間咲き続けるといういみではなく(1つの花の開花期間は10~15日程度)、同じ株に次々とつぼみが付いて花が咲くことから、開花期の長いこと、花持ちの良さを表しています。

jiniaappu

?

 手のひらサイズの花の大きさにも驚きです!

 jiniaookisahikaku

 花は、9月下旬頃までお楽しみいただくことができます。
 夏の日差しをたっぷりと浴びた、ビタミンカラーの花々をごゆっくりお楽しみください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック