本日12月17日(土)、雪が積もり銀世界となったウインターイルミネーション6日目は、「長岡少年少女合唱団」の皆さんによる、合唱のステージが行われました!

111217nagaoka_ gasshodan01
小学生~高校生までの42名の子ども達が、クリスマスソングやスタジオジブリの歌など、なじみのある歌を披露してくれました。

少年少女らしい、本当に清らかで澄んだ歌声が会場を包み、惜しみない拍手が毎曲送られました。

 

ソロパートや、かわいらしい振付もたくさんあり、2回のステージの中で衣装も曲目も違う演出もありと、本当に楽しい素敵なステージとなりました。

111217nagaoka_ gasshodan02 

アンコールには、絵本『100万回生きたねこ』をオペレッタにしたものの中から「のらねこフィーバー」が、これも振り付け入りで歌われました。

 

111217nagaoka_ gasshodan03
111217nagaoka_ gasshodan04担当のスタッフであることを忘れて、すっかり聞き入ってしまうほど、すばらしいステージでした。


ご出演ありがとうございました!!
 


長岡少年少女合唱団は、1957年に長岡市教育放送局専属の「長岡わかくさ合唱団」として発足し、1982年に「長岡少年少女合唱団」と改名。

 

現在、長岡市内の小学生~高校生までの約50名の子ども達が、毎週(水)(土)に長岡リリックホールで楽しく練習しています。

来年4月30日には長岡リリックホールにて「第31回定期演奏会」が予定されているそうです。

 

また、現在、団員を募集しているそうです。

 

詳しくは、長岡少年少女合唱団のホームページをご覧ください。

http://03117.at.webry.info/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック