本日12月18日(日)、本格的なスノーシーズンに突入した!? 越後丘陵公園のウインターイルミネーション7日目は、
「ルナ イ ソル」の皆さんによる、南米音楽の演奏が行われました!


111218luna y sol01
111218luna y sol02 
「ルナ イ ソル」とはスペイン語で「月と太陽」という意味。

当初は2名での出演を予定していたそうですが、直前になってもう1名追加になり、急きょ、3名での「ルナイ ソル」となりました。

 

アコーディオンやギターのほか、ケーナ、ボンボ、サンポーニャなど、南米独特の民族楽器を使い、とってもムード満点のステージとなりました。


111218luna y sol03 

聞き慣れているクリスマスソングも、南米楽器で演奏すると、また一味も二味も雰囲気のの違う味わい深い演奏になり、いこいの広場はたくさんのお客様の拍手で包まれました。

 

ステージ終了後には、珍しい南米楽器に実際に触れ、音を出すことができるコーナーもあり、子ども達が興味深々で、楽器を吹いたり、たたいたりしていました。


111218luna y sol04
 


111218luna y sol05なお、「ルナ イ ソル」の皆さんは、グループ名やメンバー編成を変えて、今年の春から今回にかけて、本公園のステージにたくさん出演してくださいました。

・・・また次回の登場が楽しみですね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック