4/18現在のカタクリ大群生地の様子です。
現在、中段から下段にかけて見ごろをむかえています。

この日は天候もよく、春の妖精ギフチョウも多数飛んでいました。

実は、里山フィールドミュージアムのカタクリ群生地はこの大群生地だけではありません。
大群生地ほどの広さではありませんが、群生地と呼べる場所が2か所ほどあります。


ここは、通称“カタクリの谷”と呼んでいる場所です。


(奥がカタクリの花、左上がコシノカンアオイの葉、右下がコシノカンアオイの花、右上のギザギザした葉がオオイワカガミの葉)

ここカタクリに谷は、ギフチョウの幼虫の食草であるコシノカンアオイ、成虫の給蜜植物であるカタクリ、そしてカタクリの花期が終了後に花を咲かせ給蜜植物になるオオイワカガミと、3種類の植物が多数存在している場所で、ギフチョウの生息にとって天国のような環境になっています。


こちらが、通称“展望デッキ下”と呼ばれている場所の群生のようすです。


展望デッキ下の群落の中には、こんな珍しいカタクリ株も!
普通のカタクリより、花弁・めしべとも赤っぽいかと思います。
皆さんも、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?

このように、カタクリを楽しめるのは大群生地だけではありません。
趣の違うそれぞれの群生地をお楽しみいただければと思います。

紹介した2か所の群生地の詳しい場所等につきましては、里山交流館えちごにあん内の「見どころマップ」にてご案内しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック