古民家前のシバザクラが見ごろをむかえています。

昨年からお楽しみいただいているシバザクラですが、昨年と比べると、植栽直後の隙間も埋まり、さらに鮮やかな姿を見せてくれています。
その鮮やかさと甘い香りは、春というよりは初夏と到来を感じさせるものがあります。

さて、このシバザクラの模様、何をかたどったのでしょうか?
地元の方ならわかるかもしれません。

そう、越後三山(右から八海山、中ノ岳、駒ケ岳)です。

ちょうど里山フィールドミュージアムの親沢谷が開けている方向、真正面に越後三山をのぞむことができますが、それを写し取ったように描かれています。

直下にある温水田の水面に写るシバザクラもいい雰囲気をかもし出しています。
天気の良い日にはシャッターを押すお客様も多数いらっしゃいます。

このシバザクラ、しばらくは楽しむことができますので、ぜひ里山フィールドミュージアムにお越しください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック