梅雨の晴れ間というと、気温と湿度が高くなり、あまりさわやかなイメージはありませんね。

しかし、今日はさわやかな風が吹いてとても過ごしやすい気候です。なんだか、梅雨って感じがしません。

そんな爽やかな梅雨の晴れ間の丘陵公園は青や紫の花見頃となっています。

s-160627あじさい (2)

雪割草群生地に向かう階段沿いから地の陣休憩所周辺のアジサイ園では色とりどりのあじさいが見頃を迎えています。

s-160627十二単 (1)(こちらは十二単という品種のアジサイ)

s-160627ラベンダー園 (9)

先週の日曜日(6/26)まで摘み取り体験を開催していたラベンダー園のラベンダーは開花中です。まだまだ、香りも周辺に漂います。

開花したラベンダー園ではハチや蝶が飛んできて懸命に花粉を集めている姿をよく見かけます。

DSC09227(花から花へと飛び移ってたくさんの花粉を集めているようです)

ラベンダーは7月の初旬~中旬ごろまでお楽しみいただけます。

また、香りのばら園では二番花のばらが咲いています。

s-160627ホワイト・ウィングス (4)(「ホワイト・ウィングス」 これもばらなんです)

花盛りの頃に比べれば少なくはなっていますが、まだばらをご覧いただくこともできます。

里山フィールドミュージアムではアサザ(半日花のため午前中のご来園をおすすめします)やエゾアジサイ、ヤマボウシなどが見頃を迎えています。

梅雨明けまではまだしばらくかかりそうですが、晴れた日には鳥の声や一足早い蝉の声などを聞きながら、公園をお散歩してみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック