松先日、7月15日に新潟日報カルチャースクールの「ハーブを使って健康!~心と体を知るレッスン~」の第1回目「活用しよう庭のローズマリー」を開催しました。

 

この日は松本先生と若狭先生の二人の先生によるローズマリーの活用法の講座を行いました。

170715ハーブを使って健康 (5)(松本先生によるローズマリー活用の座学)

まずは、松本先生によるローズマリーのもたらす作用を座学でお勉強のあとは、ローズマリーのチンキと色々なハーブを合わせて煮だしたハーブティー、お好みのアロマ精油を合わせてドライシャンプーを作りました。

170715ハーブを使って健康 (80)(左のスプレーボトルがドライシャンプー。とてもいい香りです)

松本先生の講座の後は若狭先生のローズマリーを活用したクッキング。皆さんエプロンをつけてスタートです。

この日は、ローズマリー味噌とローズマリーとナッツの入ったパン粉を使ったハンバーグ。

170715ハーブを使って健康 (43)(ナッツやハーブをザクザクと切っていきます)

ローズマリー味噌には乾燥させたローズマリーと生のローズマリーを使って作りました。口に入れるとふんわりとローズマリーの香りがしていい感じです。

170715ハーブを使って健康 (52)(ローズマリー味噌)

ハンバーグの方は最初にパン粉にローズマリーとタイムを刻んだものと同じく刻んだナッツを合わせて軽く色がつくまで炒めます。そのあと、合いびき肉と混ぜて形を作り、焼き上げます。

170715ハーブを使って健康 (69)(生のローズマリーを貼り付けるのも大切ですよ)

そうして出来上がったのがコチラ!

170715ハーブを使って健康 (74)

作ったメニューの他にも先生お手製のクルミとチーズハーブペーストやハーブと一緒にゆでたゆで野菜なども一緒にいただきました。

皆さんからは「美味しい!」と歓声が上がり、とても満足されたようでした。

今回受講していただいた皆さまはとても勉強熱心で講座が終わってからも先生方にいろいろ質問されていました。

次回のカルチャースクール「ハーブを使って健康!」は8月19日(土)に開催。次回のテーマは「血糖スパイクとハーブの作用とチンキ作りと役立て方」です。

講師は糟谷先生。糟谷先生はメディカルハーブコーディネーターの資格をお持ちになる現役の薬剤師さんです。

最近耳にする、「血糖スパイク」や「酸化ストレス」などに対する健康の守り方やハーブの活用法をお教えします。

今回の講座とはまた違った視点からのハーブの活用法を知ることが出来ますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック