【※虫が苦手な方は閲覧にご注意ください】

里山フィールドミュージアムの「越の里山館」では6月13日(土)~28日の期間、「カイコを生体展示」をします。
6月13日、14日、20日、21日には詳しい解説付の「カイコガイド」も開催します。

 

カイコ(蚕)は、カイコガの幼虫で、そのマユは絹糸(シルク)の原料になります。
養蚕は長い歴史があり、日本では『古事記』にもその記述があるほどです。
農家では昔、養蚕が貴重な収入源だったことから「おカイコ様」とも呼ばれ、身近な存在でしたが、今ではなかなかその生体を見ることはできなくなりました。
ぜひこの機会に、桑の葉を食べるカイコを間近でご覧ください。

詳細はこちら

 

DSC03675

 

里山フィールドミュージアムではその他にもアサザなどが開花しております。

IMG_4053
里山へは里山口からご入園ください。(園内バスは感染症対策の為、休止しております。)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック